September 2006

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Blog powered by Typepad
Member since 02/2004

« レディス4 | Main | studio うもーりー 04.5.29 »

2004.05.28

Comments

honda

特別ツアーでいただいた一綴りの資料。ただこれだけでは、何もわかりません。というより、私にそれを読みこなす力、そこに込められたものを読み取る力がありません。貴重な資料も宝の持ち腐れになってしまいます。そこに一言、二言の言葉が添えられることによって、少しだけその奥にあるものを見ることのできる入り口に立たせてもらえます。

最初の説明。そして、時間が少しあるようなので・・・・と追加された説明。それによって、奥の奥を感じさせられました。

なんでもそうなのだと思うのですが、表に見える部分だけではないのです。その奥に秘めている部分があるのです。それを読み取る力。そして読みとろうという気持ちがなければ、受け取ることはできない。

また、逆の伝える立場から言えば、相手に受け取ろうとする気持ちがなければ、伝えることはできない、伝わらないということ。


縦軸、横軸の単なる表から、作り手の意思は、なかなか読み取れないものだと思っています。そこに説明が加わらなければ。

私が収納の資料として様々な表が手元にあるのだけれど、それだけ見ただけじゃ、まず理解できる人はいないはず。(笑)だから、表を外に流しちゃったって平気なの(笑)


ヘッズという会社。ここの社長さんのパネルディスカッション
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/gakugei/judi/forum/forum4/06_11_05.htm

そこに集まる人たち。きっと、もっと、もっといろんなことを考えてあの場所を作っているんだろうな。どこまでそれを受け止めることができるかな?

The comments to this entry are closed.